引率旅行170101(帰阪)

 木曜日の夜は、静岡ご当地の のっぽパンつまみつつ、紅白をだらだら見る。
161231ご当地パンのっぽ齧りながら紅白

 のっぽパン
 静岡のご当地パン「のっぽパン」と「ラブライブ!サンシャイン!!」のコラボが決定!>バンデロール公式

 特に、おおみそかという意識も無く。
 後半は意識が混濁してあまりよく覚えていない(´△`)。



1月1日
 
 7時にスマホのアラームで起き、ゆっくり朝食へ。
 朝食ビュッフェも、おせち仕様な。
170101ホテルの朝食もおせちにお雑煮

 ゆっくり宿を出る。
170101宿を出る

 駅でおみやを漁るがなかなか良いものが無く(普段買いのお店が多い(´△`))早めに三島へ移動することに。
170101余裕を持って早めに三島へ

 ごとごと一駅で三島に着いたら、隣の伊豆箱根鉄道の駿豆線ホームに、ラブライブサンシャインのラッピング車両が停まってた。娘取り乱す(^_^;ヤメナサイ。
 入場券買ってホームへ。
170101思わぬラッピング車両に娘大喜び

170101ラッピング車両のホーム側に回ってみる

170101夢中で写真撮る娘

 早めに移動して、良かったねえ。

 おみやのラインナップも、三島のほうが充実。流石新幹線。
 帰りもひかりで一路京都へ。
170101帰りのひかりが来た

 お昼は駅弁買って喰う。
170101昼食は駅弁

 富士山がきれいだった。
富士山がきれいに見えた

 帰路のスマホ音源は、King Crimson/Discipline ~ Jimi Hendrix Experience/Smash Hits

 新幹線降りて近鉄~京阪。人の数と装いと雰囲気で、世間はお正月、という現実に引き戻される。

 15時頃には何とか無事帰宅。
 お天気にも恵まれたしね。
 何より、娘が楽しそうで、良かった。


 おしまい
スポンサーサイト

引率旅行161231(滞在)

 金曜日。日記アップのごたごたで、訳も分からぬうちに
 寝る~。
161231ホテルから北口周辺を望む



12月31日

 スマホのアラームで気がつけば7時。二人共、割にすぱっと起きる。

 朝食ビュッフェに行く。折角なので地元のものを、と干物をいただく。美味。
161231朝食で地元の干物も賞味

 9時半前スタート。
 ホテルは北口なので、ガード回って南口へ。遊びに来た母方の甥っ子/娘のいとこと10時に合流。
 公式カフェは、11時のはずが、10時開店してた(^_^;お客山盛り。

 バスには随分時間があったので、少し時間待ちにゲーマーズ。
161231ゲーマーズ沼津店に向かう
 ちなみに沼津のアニメイトは12/31~1/1お休み(^^;。

 バスターミナルの8番乗り場。ここから内浦方面への東海バスが出る。
 ラブライブサンシャインの、ラッピングバスが来るのさ。乗り場の案内もこの通り。
161231東海バス8番乗り場

 バスが来た。この頃には客も集まってきた。
161231ラッピングバスが到着

車内も、万事こんな具合(^_^;
161231ラッピングバス車内

161231ラッピングバス車内注意書き

161231ラッピングバス降車ボタン

161231ラッピングバス車内降車口付近

 定刻にバス発車。ほぼ満車となったが、ぎゅうぎゅうというほどでもなく。先発のバスの状況も見るに、多分リピーターは乗らない人も多いのだろう。

 途中、市街地の離合できなくらいの細道を抜けて行く。
161231交通量の多い狭路を進む

 昨日の沼津港あたりの雰囲気もあり、最初は自転車で走れたら楽しかろうなあ、と思っていたものの、実際に移動してみると、海岸沿いの国道414号など、交通量は多く路肩は狭い。一筋縄ではいかないな、という印象。

 それでも景色は良く 自転車も何台も見たので、普段はそうでも無いのか。年末という条件もあったかも。

 内浦地区へ。出発時の他、内浦限定で声優さんが車内放送(^_^;。
161231バスは内浦地区へ

 長浜で下車。
161231長浜バス停で下車

バス停前の三の浦観光案内所も、ラブライブサンシャイン山盛り。
161231三の浦観光案内所の気合の入った推し

 半端なく推していて圧倒される。
161231長浜バス停前の三の浦観光案内所

 富士山がきれいだ。
161231長浜バス停付近からの富士山

161231富士山を寄って捉えてみる

 海岸線沿いの県道17号を、バスでやって来たルートでだらだら歩いて戻る。岬へ突き出た尾根を抜いて、トンネルがいくつもある。
161231海沿いの道を歩いて戻る

 三津シーパラダイスの前に、ラッピングバスが停まってた。朝に乗ってきた東海バスとは別の、伊豆箱根バスのもの。
161231三津シーパラダイス前に伊豆箱根Verのバス

 すぐ先の砂浜は、アニメの定番スポットらしい。
161231ファン定番の砂浜

 どうも、皆、砂に字を書いていくみたい。
161231皆、砂に書くらしい

 娘も書いてるし(^^;

 砂浜から道を挟んだ向かいには、キャラクターの実家という設定の旅館もある。
161231キャラクラーの実家という設定らしい

 どんどん歩きつつ、食いっぱぐれないように、目についた食い物屋にとりあえず飛び込む。

 大入り満員でなかなか座れない。
 座ったはいいが、飯が来ない(^_^;。スケジュール的にタイトになってくる(^_^;;;。
 やっと来た海鮮系丼を3人でかき込む。

 何とか完食。海と富士山を横目に、ひたすら歩いて行く。
161231海と富士山を横目に、ひたすら歩く

 自転車も何台か遭遇。国道から県道に入ると、かなり交通量も減る印象で、かなりいい感じだが、年末故、普段はどうなのかはわからない。赤のTREKが目立つ。

 あわしまマリンパーク着。
161231あわしまマリンパークに渡る船着き場

 船着場の前にラッピングタクシー。
161231船着場の前にラッピングタクシー

 伊豆箱根タクシーの、主要キャラクター9人分のうちの一台。
161231富士箱根バスの9台のうちの一台

 マリンパークを含め、淡島には船で渡る。
161231あわしまマリンパークへ渡る船

 船もキャラクター仕様。
161231船もキャラクターでいっぱい

 山盛り。 
161231デッキにもキャラクターがずらり

 淡島上陸したら、まず淡島神社の急階段を激上り。ここもアニメでは有名な舞台とのこと。
161231淡島神社へ上る

 急勾配の階段を上って行く。
161231神社へ向かう急な階段
 「もう二度と登らねーヽ(`Д´)ノ」と、下りてきた どこぞのにーちゃん(^_^;

ペースを作って刻むのはヒルクライムと同じ。今回は娘のペースを作って、ゆっくり休みながら上る。
161231淡島神社へ激坂の階段を上って行く

 巨大な自然石から切り出した階段を上るとその上にピークと社殿が。
161231巨大な自然石を切った階段の上に社殿

 標高137m
淡島神社>ルートラボ

 参道の脇には絵馬がかかっているが、アニメ関係の絵馬しか無い(^_^;)

 社殿の裏からの富士山が見事。
161231山頂からの富士山

 下山。下るほうが怖い(´Д`)膝を傷めぬよう、ゆっくり下る。

 下山したらカエル館へ。ここもキャラクターの実家のモデルとの事。
161231カエル館もキャラクターの実家のモデル

 ダイビングショップという設定らしい。
161231アニメの設定はダイビングショップらしい

 マリンパークも全面バックアップ(^_^;)
161231マリンパークもバックアップ

 もちろんカエルも堪能。
 161231もちろんカエル展示も

 水族館、ショップも回って、撤収はもちろん船。
161231もちろん帰りも船

 船を下りたら、トドメのキッチンカー。
161231キッチンカーも出没
 娘は当然のように鳥ばさみにかかり、コースター欲しさに飲み物購入(^_^;)。

 帰りは通常仕様のバスで沼津駅に戻る。

 甥っ子と別れ((  ̄∇ ̄)ノオツカレー)、最後にゲーマーズ探訪(まだ行くんかい>娘)~ファミマで弁当買って宿へ。
 
 笑ってはいけない番宣セレクション見て、弁当食って風呂入って、スマホで日記の概略のみアップして、あとはバッテリーの続く限りパソ作業するも、じき落ちてお話にもならず(´д`|||)

 ご当地パンの のっぽ齧りつつ、紅白をだらだら見る。
161231ご当地パンのっぽ齧りながら紅白


さて、明日は帰阪。

引率旅行161230(出発)

12月30日 

 普通に7時起きしてストーブつけてスクランブルエッグ作ってウインナー茹でる。娘も起きてきた。
 楽しいことがあるときは、さっさと起きてくる。正直でよろしいw。

 戸締まり火の元チェックして、8時半お出かけ。
 ええ天気や。
161230出発

 特急で丹波橋乗り換え。余裕を持って出てきたので京都には少し早く到着。待合で少し座って待つ。
 ひかりに乗って乗換なしで三島へ。
161230京都から新幹線

 車内ではスマホでシングルやミニアルバム中心に過去音源を温故知新。
161230社内ではシングル、ミニアルバム音源中心に

 三島から東海道線乗り換え。在来線の奥には伊豆箱根鉄道駿豆線のホームが。
161230三島駅在来線の端に伊豆箱根鉄道

 三島から一駅ごとごと走って沼津。
 北口からとりあえず荷物だけ預けようと宿に行く。
 今回のお宿は北口から出てすぐ。
 ココチホテル沼津

 荷物を部屋に入れておいてくれるということで、そのまま託して外出。

 沼津駅は北口からは大回りしてガードくぐらないと、反対側に行けない。
161230沼津駅北口からガードをくぐって南口方面へ
 
 南口に出てきた。
161230南口に出てきた

 当初、バスのりばのチェックくらいしか考えていなかったのだが、何か公式カフェがあって、びっくり。
161230ラブライブサンシャインのコラボカフェ

これな
アニメ「ラブライブ!」 公式カフェが開店 沼津|静岡新聞アットエス
 ちなみに厳密には「ラブライブ!サンシャイン!!」が正しいかと。

 店内も、ラブライブサンシャイン一色(^_^;
161230コラボカフェ店内とメニュー

161230コラボカフェ店内のデコレーション

 出て来る食事や飲み物は、ごくごくまともなものが出てくる。まあまあおいしい。地元飲食系企業とのコラボカフェらしいので、そのへんはしっかりしているのではないかと。
161230食事はそれなりにうまい

 オーダーすると、オリジナルのコースターが貰える。娘は欲かいてこの寒いのにオムそばに加えてジュースとパフェも頼んでしまい、食いきれなくなるという体たらく(´△`)。儂も助け舟を出し、何とか片付ける。

 食後、港の方に出ることにするが、バスの時間が中途半端で、結局港まで、ぶらぶら歩いてしまう。
161230港に向かって、ブラブラ歩く
 自転車とも何台も遭遇。4~5台の列車も何組か。

 干物屋さんも、どことなくおされだ。流石港町(なのか?)。
161230ひもの屋がおしゃれ

 途中、デジカメの画像に指が入るので、おかしいなと思っていたら、指ではなく、デジカメのレンズカバーが動かなくなっていた。色々対策を講じたが、だめ(´Д`)
 もう5年にもなるしのお。
COOLPIX S6000

 目の前はスマホで凌ぐが、旅行中の枚数をこれでこなすのは、やだなあ。

 沼津港の周辺は海鮮系のお店の立ち並ぶ、ちょっとした観光スポット。
161230沼津港の海鮮系飲食店街
 朝方には水揚げで忙しいであろうスペースも、お昼時は観光客向けの駐車場と化していて、魚臭の強い建屋の周囲に、車がどんどん誘導されていた。

 立ち並ぶお店の一角の「沼津バーガー」もアニメ関連の舞台らしい。
161230沼津バーガー

161230沼津バーガーもラブライブサンシャイン関連

 海の方に行ってみる。
161230飲食店街を抜け、海の方に出てみる

 巨大な水門があり、その内側が港になっている。
16123巨大な水門

161230水門の内側が港になっている

161230進入禁止の看板

 沼津港深海水族館に行ってみた。
沼津港深海水族館
 ここには、シーラカンスの冷凍保存個体がある。
161230深海魚水族館のシーラカンス
 シーラカンスといえば、山上たつひこの「にぎり寿司三億年」を思い出す儂(^^;。
 メンダコが人気らしいが、長蛇黒山でけっきょく諦める(´△`)

 港の近くに、過去の貨物船支線の痕跡というブラタモリ的展開の何か。
161230沼津港貨物支線の痕跡
 沼津、やんないかな。

 帰りもぶらぶら歩き。
 港から真っ直ぐ北上し、駅に近づくに連れて駅の南側から少し離れた辺りの商店街の昭和感が凄まじく、息が詰まる程。

 娘の引率とは全く別に、あの街を歩いただけでも この旅の価値はあった様な気がする。

 それでも実は全く写真を撮っていない。他人の生活に土足で踏み込んでシャッターを切るような感覚に、久しぶりに襲われたから。だから、個人的にはけっこう強烈な体験に関わらず、画像は一枚もない。撮れなかった。
 何となしに既視感が、と思っていたら、ふと、以前上海で、新天地から豫園までぶらぶら歩いた時に通り過ぎた、観光ベースから全く外れた見知らぬ街を思い出した。あの感覚に近い。

 駅に近づくと仲見世商店街のアーケードをさらに北上。
161230沼津仲見世商店街のポスター

 マルサン書店仲見世店も、アニメのワンシーンとして登場したとの事。
161230マルサン書店仲見世店もラブライブサンシャイン関連
 娘はマンガ版一冊買って、オリジナルしおりを貰っていた。

 駅に戻り、娘の強い希望で、アニメイト沼津店~ゲーマーズ沼津店と、娘にひきづり回される(´△`)。アニメイトでお年玉先渡しとしてCD購入。
 ゲーマーズ沼津店は、小さい店舗にも関わらず、強力なサンシャイン推しで、客足も絶えない。関西方面のイントネーションも聞こえる。

 一旦ホテルに戻る。娘は少し休憩したいと言うので、儂は急遽デジカメを調達に走ることにした。
 事前にスマホでお店検索したが、家電量販店は駅前に無く(´△`)、北に数百m歩くことになる。
 2件ほど当たって、結局諭吉弱の本機と、メディア(SD)も手持ちのが古くて対応が微妙だったので追加で新調。合わせて諭吉強。もうね、こんなんで十分よ。
161230デジカメが壊れ、旅先で急遽新調
COOLPIX A100
 最近はメディア最低でも8ギガなのね(ちなみに手持ちのは128M(^_^;;;)。

 しかし、特に聖地とも言えない駅の北の外れにも、ディスプレイとかちょこちょことあるのね。
161230あちこちにある関連デコレーション

 急いでホテルに戻り、さて飯でも、と思ったのだが、駅の周りうろうろ探しても、飲み、お茶、閉まってるの三種しか無く、しまなみ行ったときの夜の尾道と既視感(^_^;。

 結局コンビニで好きに買ってホテル戻って喰う。のんびり出来ていいや。

 今回のホテルは、地元独立系の新しめの宿。ツインでそんなに広くは無いけれど、琉球畳敷で裸足でくつろげる。ネット環境もありバスルームと洗面トイレは分離。細かい部分は安普請だが、必要十分。
 風呂いれて、弁当食ったらミニノート出して接続。接続、えーと

 電源、忘れてきたし…  o(__*) バッテリー駆動では多分3時間保たない。

 スマホで作業してみたものの、インターフェース酷すぎで、全くお話しにならず(´Д`)ちゃんとしたブログの更新とかは諦め、概要の日記のみやっとの思いでアップする。

 妙なところで疲れた(´Д`;;;



 明日も娘に引っ張られ、ラブライブサンシャインづくしになる予定(^_^;)。バスで南へ。
 ゆっくり楽しく。

紀伊田辺、南部、白浜160717_18

7月17日、日曜日。

気がつけば5時過ぎ。しばらくスマホ弄って脳のポンプアップ。
6時過ぎになって、娘が早く起こせと言っていたのを思いだし、起こしに行く。娘は 起きて、時をかける少女と、嵐にしやがれを見ている。
スクランブルエッグ作って、トマト切ってパン焼く。食後 移動経路と渋滞情報のチェックを時間ぎりぎりまで。

実家に預けてあった車を取りに行き、母娘拾って出発。
160717出発

八幡でローソン寄って少し買い出し。雨が降ってくる。第二京阪~近畿道~阪和道。出だしこそ、時折恐怖を感じるほどの断続的に豪雨も、徐々に安定する。車はかなり多い。流石三連休。
 紀の川SAで小休止、というか車と人が多すぎて車列が本線まではみ出す有様(´Д`)
160717紀の川SAで休憩
 トイレだけして、とっととリスタート。

 湯浅御坊道路で大渋滞。車降りて路肩で放尿する奴と、それをスマホで撮る奴(´Д`)。
 周囲には和歌山ナンバーなど殆どおらず、堺和泉大阪神戸で大多数。中には松本とか三河とか岡山とか。

 雲は相変わらず広がっているが、時折日も射す。よくわからない天気。
 雨ならアドベン、降らなきゃ海。

 結局、海に決断。黒山が予想される白良浜は避けて、紀伊田辺へ。出たとこ勝負で少し迷走しつつも、扇ヶ浜海水浴場。
160717紀伊田辺の扇ヶ浜海水浴場
 そんなに混んでない。

 かなりしっかりした更衣室棟に、こぢんまりした海の家風の屋台。食いっぱぐれると後々悲惨なので、取り急ぎ昼食。娘はおにぎり、嫁はんはカレー、儂はロコモコ丼。
160717扇ヶ浜の海の家

 海に入れない嫁はんは座って休憩。儂娘で海に浸かって、娘の浮き輪引っ張って行ったり来たり。
 かなり足腰を使い、途中で足が攣りかける。多分、自転車の筋肉に関係無い(´Д`)。
 魚が一匹、迷いこむが見えた。青緑できれいだった。

 嫁はんが そろそろ限界だったので、2時間ほど遊んで引き上げる。
 ロッカー、水シャワーは無料(温水100円)。駐車場も3時間程で200円。
 こりゃいいわヽ(・∀・)ノ。駐車場は殆ど和歌山ナンバー。規模こそ小さいけれど地元指向の穴場的スポットと見た。
 他府県ナンバーは、みんな白良浜とかに行くんだろんな(´△`)
 難点は、更衣棟以外の、施設としての日陰が皆無なので、パラソルなりシェードなりの持参が必須。

 時間は早かったが、宿へ。
 
 国道42号、地道を地道に。
 以前、アドベンにパンダ詣でをしていた頃、さんざん通った道。当時は高速も御坊までで、御坊から白浜までさらに1時間の行程。自転車にまだそれほど興味もなかった当時でさえ、車でも十分体感できるアップダウンの連続。プチ峠を何度も越える。
 南部の駅前から橋を渡って上りに差し掛かるあたりで、当地で初めて見る自転車乗りはキャノンデールに乗ったロード乗り1人。
 きついだろうなあ。道中ご無事で。

 上り切って、プチ峠のピークから左に折れ、半島の先に進んでいく。どちらかと言うと周囲には畑と空き地しか無い、寂しい所。娘は少し怖がる。

 その先に今晩の宿。紀州南部ロイヤルホテル
http://www.daiwaresort.jp/minabe/

 半島の先にあるので、南北を挟んで全室オーシャンビュー。
 うちは田辺、白浜方面を望む、南側。
160717宿の部屋から田辺、白浜方面を望む
 反対側は、岩代~印南方面を望む。
160717宿から岩代、印南方面の眺望

 時間は早かったが、即チェックイン出来たので、あとはゆっくり。コインランドリーがあったので水着バスタオル関係まとめて洗う。
 待ち時間に、娘とかき氷をシェア。
160717娘とかき氷をシェア

 お昼は海の家で、そこそこしか食っておらず、腹が減ったと娘が騒ぐ(^_^;)ので、17時半の開催と共に夕食のバイキング会場になだれ込み和洋中カオスを食いまくる。
160717夕食の和洋中ビュッフェ

 大量の子供連れが何組も。たちまち子供椅子の争奪戦が始まる(^_^;。旅行社のバッジつけたツアー客や大陸系の団体さんの姿も。
帰りに宿の縁日企画で娘がスーパーボールすくいと射的。

 一応大浴場は 掛け流しではないが温泉らしいので、せっかくなので儂と母娘で交代で風呂。売店行ったりテレビ見たり。

 宿のテレビはJスポが映らないので、今日はツールは無し。録画に任せた。

 寝るー。
160717田辺方面の夜の海と夜景


7月18日、月曜日。

 娘は環境の変化になかなか寝付けず、なにか音がないと眠れんとごねる。
 最近のホテルは、枕元の時計がラジオ付属じゃないのな(^^;。やむをえず、嫁はんがiPhoneでバディ・リッチ垂れ流す。

 娘は寝たが、バディ・リッチかっこいいので、儂が寝れん(^_^;。
 ツール第15ステージはパンタノ逃げ切りか。彼もIAMだ。来年はどこに行くのかな。
 ま、何とか寝る。



 気がつけば5時過ぎ。寝たんだか寝てないんだか。
 スマホいじって、脳のポンプアップ。外は快晴、というか快晴過ぎるっちゅうねん。
 暑くなりそうだな。
160718朝の田辺、白浜方面

 6時半になり、皆を起こす。娘は一度ベッドから落ちたとか(^_^;)。

 7時になり、開催と同時に朝食バイキングに参戦。
160718朝食ビュッフェ
 食い物のテーブルがロビーに出されており、その分、宴会場のテーブルが大幅増量されていた。さらに隣の部屋にもテーブルが。

 しっかり食ったらさっさと支度してとっととチェックアウト。さて出発。
160718宿を出発

 上富田や白浜まで高速もつながっているのだが、ここは地道を地道に。
 高速が通った事で、42号線の交通量は目に見えて激減。三連休だというのに、昔は渋滞で全く動かなかった芳養の周辺も、ほぼ問題なく車は流れる。

 おそらくは寂れていった店などもあるんじゃないかと思う。

 田辺の市街地で、赤いピナレロ一台と離合。今回の旅では、前日のキャノンデールも含め、見かけたスポーツ自転車は、この2台のみ。

  田鶴の交差点を右折して、ここからは見慣れた風景。ハーヴェスト~大漁みやげセンター~丸長~とれとれで左折し、桃の木から上り。今まではけっこう激坂のイメージだったが、改めて自転車脳で通ってみると、キツいけど上れん事も無いかなあ、と
(帰宅後ルートラボ引っ張ってみた。中~後半は平均10%に迫る区間も。
 桃の木交差点からアドベンチャーワールド>ルートラボ

 何とか開園前に到着。久々のアドベンチャーワールド
160718アドベンチャーワールドに到着

http://www.aws-s.com/

 今回は嫁はんのために車いす借りる。ホイールもパンダだ。
160718車いすのホイールにもパンダ

 早速パンダ舎へ。
 屋外に優浜。屋内左に海浜。右に桜浜、桃浜の双子。
160718双子パンダたち

160718桜浜桃浜の双子に海浜も交えて3頭ショット

 センタードーム経由で海獣館~オーシャンドームへ行ってみる。ショーには、まだ少し時間があったので、待ち時間に、下にあるパンダのブリーディングセンター(旧パンダランド)へ。
 ここには永明、良浜、陽浜が暮らす。永明は、蓉浜が亡くなってまだ一人ぼっちだった頃から、良浜は生まれた頃から、一時期は白浜に頻繁に通い、ずっと見てきた。
 良浜は左側、
160718良浜

 陽浜は右側の部屋。
160718陽浜
 お婿さん、もらうことになるのかなあ。

 永明は姿を見せず。高齢で暑かったので、バックヤードに入っていたのかもしれない。

 しばらく訪れない間に、蓉浜の剥製が撤去されていた。掲示のファミリーツリーにも記述が無い。
 白浜での繁殖活動の原点とも言えるパンダだけに、少し残念。

 オーシャンドームに戻り、イルカショーを見る。ここのショーは、頭数も多く、見どころもいっぱい。
160718イルカショー.1

160718イルカショー.2

160718イルカショー.3

 終盤、イルカたちが尾びれで、ジャンプで、最前に水をかけまくる企画には子供達が大挙集結。娘も適当に参戦して適当にかかって帰って来た。 

 その後はケニア号で一周して出口の土産物屋で娘がおもちゃ買って、車いす返却して撤収。

 その足で元来た道を激下り、突き当りの、とれとれ市場へ。
160718とれとれ市場

http://www.toretore.info/

 とれとれ市場は、地元の堅田漁協が運営する観光市場。魚介の直売の他、土産物屋、屋台村形式の食堂、普通に地元の人が買い物するノリの店もあり、車だったら、ここで買い物して帰って晩飯も可。全国の漁協ネットワークを駆使したのであろう品揃えは、なかなかなもの。
 休日は混みあうのが難点。
 昼食の海鮮丼と寿司を食い、おみやげ買って撤収。

 帰りは白浜駅経由で、上富田で高速に乗るが、田鶴~バイパス経由で田辺から乗るのと、そんんなにメリットは変わらんかもしれん(^_^;)。

 元来た道を北上し、帰路へ。

 渋滞を避けるべく、早めに出たつもりが、早くも御坊の手前で渋滞に捕まる。
 その後、断続的に、何度も渋滞。
160718御坊付近で渋滞

 紀の川SA で小休止。アイス食ってクールダウン。
160718紀の川SAで娘の食べたアイス

 その後も断続的に渋滞。丁度ぶつかったばかりにしか見えないような追突現場も。
 そして美原から先、松原ジャンクションまで、止めの渋滞。これまた事故渋滞で、動かんのなんの。
 粘り強く、焦らずゆっくりじりじり進んでいたら、同じ渋滞の列に、愛三工業のチームワゴンを発見。
160718阪和道渋滞中に愛三工業チームワゴンに遭遇

 一服の清涼剤。そうか、今はスコットなんだな。

 渋滞を抜けたら、もう一頑張り。近畿道~第二京阪~京田辺松井で高速を降り、八幡を抜けて帰宅。

------------------------------------------------------------------------------
 最後は渋滞に捕まったりしたけれど、けっこうバランスの取れた、楽しいお出かけでした。
 海水浴場や、お宿を、メインエリアから少し外したのが良かったのかも。ただし車必須な。

 白浜界隈は、アップダウンばかりで自転車はなかなかしんどいだろうけれど、逆に言えば、香ばしい坂は山のようにあるので(^^;お好きな方にはたまらないかも知れず。

 いつかは自転車持って行きたいな (おい(^^;)。
 白浜は、クリテだけじゃないよー。

久美浜小天橋150801〜02

 土曜日。午後から家族でおでかけ。用意して時間までだらだら。

 14時前、皆でおでかけ。儂は大荷物を抱え、嫁はんも頑張って歩く。
外は灼熱。少しは荷物持て>娘。

駅から特急で市駅。地図サイトで調べていたレンタカー屋までの道が
知らん間に無くなっており難儀。嫁はんを余分に歩かせてしまうm(__)m。

15時前、レンタカーとって荷物詰め込んで出発。
いきなり渋滞(´・ω・`)。
徐々には解消するも、出だしからロス。
150801出発。大山崎ICに向かう

このくそあつい中、御幸橋近辺の自転車は相変わらず多く、同情の涙を
禁じ得ない。
 インター入る前に、大山崎インターサークルKで補給とトイレして出発。

  去る7月18日に全通したての京都縦貫道を進む。カーナビが古くて
長岡京から既に追い付いておらず、道なき道を進む(^^;。
老ノ坂を過ぎて亀岡〜園部。丹波IC以北の開通したての区間に入り、
全通と同時にオープンしたての「道の駅京丹波味夢(あじむ)の里」を
チェック。
150801道の駅京丹波味夢の里.1

150801道の駅京丹波味夢の里.2

 オープンしてまだ半月、という事もあり、建物はきれいで、なかなかの
賑わい。黒豆ソフト食ってだらだらしていたら、油断して30分もロスして
しまう(^^;。

宿への着予定は18時なのだが、17時でやっと綾部過ぎ。宮津与謝
道路経由の与謝天橋立ICで高速下りたのが17時20分。
150801与謝天橋立ICで高速を下りる

 17時半過ぎで峰山の手前。
18時は、無理だなあ( ´△`)
 網野に下る道中で、嫁はんが宿に電話。

 網野からは国道178号に合流。小さな峠を越え、子午線碑の脇を通り、
木津温泉〜夕日ヶ浦。

 網野〜夕日ヶ浦は、以前は旧知とのカニ旅行で2回程通った道。近くは
グランフォンド京都第1回参加時、前日に夕日ヶ浦折り返して往復して
以来。
2011年10月9日の日記

 夕日ヶ浦経由で海岸沿いに出て、国道178号から右の細道に入り、
農道のショートカットを激走。久美浜湾に出る頃には、日はもうかなり
低く。18時20分小天橋着。

娘は民宿が初めてなので、かなり戸惑い気味。食事は予想以上に出て、
満足。
150801宿で夕食

 とっとと風呂を済ませたら、皆で夜の浜に散歩に出る。
150801夜の小天橋海水浴場.1

150801夜の小天橋海水浴場.2

元々、星座盤を使って夏の大三角を見る、という娘の宿題があって、
家の近辺では周囲が明るくてとても無理、という事で、儂はくろんど池
あたりなら多分見えるでって言ったのだが、海に行きたい、という娘の
かねてからの希望もあり、このような事の次第。
周囲に街の灯りも無く、空も開けていて、普通なら間違いなく絶好の
ロケーションだった筈が

 雲 orz

 その上、浜のあちこちでばんばん花火やりやがるので(禁止じゃね?)
星なんか見えたもんじゃない。
 一体何しに来たのやら( ´△`)
 それでも空に目をこらし、星を探す。ほんの少し、天頂辺りの雲が
きれてきた。
 アークトゥルスとアンタレスとベガとデネブは見えた。アルタイルは
微妙で、東の方が雲が厚く、見えているのかいないのか。
 とりあえず、これが限界と引き上げ。

 帰って布団敷いて寝る。嫁はんは冷やすと足が痛むので、エアコンも
最弱にしてみるが、暑くって。その上、娘は慣れない環境に眠れず...。
 試しに、エアコン切って窓を開ける。少し湿気が強いが、ほんの少し
涼しい空気が入って来る。何とかこれで寝る。
 娘は、なかなか寝られずに、難儀。


 夜中1時半。猛烈に腹が減って目が覚める。おやつ買っときゃ良かった。
 仕方が無いので、温々になっていたカルピスソーダでしのぐ(^^;。
 3時頃まで,眠れず。



 気がつけば6時前。嫁はん起きてた。少しでも寝ようと思うのだが、
今度は明るくて寝られず(^^;もう起きる事に。
 娘は寝不足で、ぐずぐず。

 朝食は7時半。朝食の部屋は、久美浜湾ビューだった。湾内には漁船の
桟橋が並ぶ。
150801朝の久美浜湾

 食後、着替えて早々にチェックアウト。車を別の場所に移動させ、
用意して浜へ。
150801朝の浜に向かう

 昨夜の浜が、小天橋海水浴場。まだ人も少なく、がらんとしてる。
150801朝の小天橋海水浴場

 海に入れない嫁はんはサンシェードでのんびり。
150801小さなサンシェードを張る

 儂娘で浜遊び。
150801娘と浜遊び.1

150801娘と浜遊び.2

 娘の浮き輪を引っぱって、波打ち際を何度も左右に往復する。
 娘は初めての海水浴だったが、思いの外楽しそうで、潮の味や浮かんで
いる海藻にきゃーきゃー言いながら漂っている。

 波打ち際には、小さいカニが走り回り、砂にはカニの穴がいっぱい。
150801カニの穴

 しかし、いいところだな。浜は広く長く、水はきれいで、人も10時頃
にはかなり増えて来たが、それでもこの時期としては適度な感じ。
150801少しづつ人が増えて来た

 夕方は渋滞必至の上、レンタカー返却時間もあるので、10時過ぎには
撤収。細かい砂の処理に苦心しながら、サンシェードを畳む。畳むんだが

 ...畳めん(^_^;;;;;;;;;;;;。

 ワイヤーを輪っかにして収納するタイプの奴なんだが、毎度毎度の
事ながら,例によって畳み方がわかりにくく、その上、細かい砂がその
都度入り込んで難儀。
 結局畳むのに40分を要する。

 くたくた。

 撤収全体の段取りもぐしゃぐしゃになり、予定より30分近くオーバー
してスタート。時間は押すわ、車の中は砂でじゃりじゃりだわ、娘の
眼鏡はどっかいっちゃうわ...orz。
 疲れてくたくたで、皆不機嫌となる。娘寝てしまう。

 元来た道を戻る。夕日ヶ浦〜木津温泉〜網野〜峰山。大宮付近は鉄道
沿いの裏道を進み、国道312号に合流。与謝天橋立から宮津与謝道路〜京都
縦貫道。早めに動いている事もあり、序盤の渋滞も無し。
 ただ、やはりスタートの遅れは如何ともし難い。

 道の駅京丹波味夢の里に12時50分。何とか13時までには到着し、
駐車場にも何とか止められた。
 しかし、レストランは、人が多くて受付自体が中止(^^;。丹波大食堂て
ゆうフードコートに行き、席を争奪し、買った食券の番号が呼ばれるのを
待ち、喰って少し買物して娘に黒豆ソフト買ってリスタートしたらもう
14時前。50分以上のロスとなる。
 ちなみに、牛丼は美味かったがパスタはもう一歩と言ったところかと。

 京都縦貫道をひた走る。レンタカー返却時間には、かなり微妙な線と
なる。

 帰りは余裕を持って出るつもりだったのになあ( ´△`)

 大山崎ICから天王山大橋渡って御幸橋。外は灼熱。しかし橋の上に黒の
ウィリエールが見えた。さらに数台。...自転車は走ってるし(@_@)。

 一時帰宅、というかエントランス前に車付けて母娘と荷物をおろし、
一路市駅のレンタカー屋へ。
 結局懸命のリカバーにもかかわらず、最後に立て続けに信号に捕まり、
返却時間に2分オーバーして到着。延着はおまけしてもらう。燃料は
ハイブリッド特約でメーター払いで清算し、終了。

 レンタカー屋から市駅まで歩いている間に、ここでもリドレーだの
キャノンデールだの、自転車乗りを4人も見る。
 ものすごく、暑いんだがな。
 準急で帰路へ。駅から灼熱の中、歩いて帰宅。




 思いつきで,降って沸いたおでかけで、家族全員消耗。
 海水浴なんて、普段行かんもんなあ。経験値の低さを思い知らされる。
 まあ、娘は楽しそうだったので,良かった。

 帰宅してよく調べてみると、やはり、アルタイルは見えていなかった
事が判明。大三角の確認は,結局出来ず orz。
 仕方が無い。善後策は、おいおい考えよう。
プロフィール

ばば旦那

Author:ばば旦那
自転車。ギター。パンダ。メタル。プログレ。
まあ、いろいろ。

強くなりたいとか、速くなりたいとか、追い込むとか、出しきるとか、悔しいとか、情けないとか、そういうのはあんまりない、ただただ楽に、遠くへ行けたらいいなと試行錯誤する自転車中心の週末日記です。

グランフォンド京都参加(2011/フル)
伊吹山ヒルクライム参加(2012/12キロ開催)
四国遠征:阿讃ライド(2014/GW)
六甲遠征:六甲・摩耶縦走(2014秋)
フルビワイチ:8の字/唐橋(2015.6)
しまなみライド:松山~尾道~松山(2015.9)
自走フルビワイチ:8の字/唐橋(2016.6)
-----------------------------
Twitterは、baba_dannaでログインしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR