けふのにき121027

●金曜日。仕事の合間を縫って実棚の準備。消耗。
 軽いギアでだらだら帰宅。

●帰宅。弁当箱洗って着替えて作業着換える。
 Bianchi降ろして用意出来るだけする。天気は良さそうだ。
 先に洗濯機を回しておく。

●実家へ。夕食後儂先に帰宅。洗濯もの干して、風呂入れたりしてたら
母娘帰宅。
 
●儂風呂〜母娘風呂。
 もう今日は残りの洗濯もスルーして、とっとと寝る〜。

 夜半、度々目が覚める。久々に脳が遠足モードだ。これはまずいな。



●3時半前、携帯のアラームの前に起きてしまう。
 まあ、そこそこは眠れた(と思う)。
 パソ前でしばし惚けたて、キッチン立ち食いでそーっとトースト、
牛乳、バナナ、ヨーグルト。寒いんで、しっかり食っとかなきゃ。
 歯磨きして着替える。この秋初めて長中厚の靴下導入。シューズの
トゥウォーマーも、もうぼろぼろだけれども装着。
 冬手袋にするのも何かなあ、と思い、指切りの下にインナーにしている
フリースの手袋を入れてみる。
121027手袋晩秋仕様

●4時47分スタート
 真っ暗な空の下、街灯をたよりに八幡プチ越え。御幸橋から旧国を
横大路。中書島の高架は軽車両不可なので伏見の街中に入り寺田屋前を
突っ切る。
 山科川自転車道ももちろん厳しいので対岸の街灯が尽きたところで
地下鉄に沿って北上。東野5時47分。藤尾小金塚ローソンに6時。
トイレしてヨーグルト飲んでどら焼きかじる。
 リスタート6時12分。ほぼほぼ夜明け。
 西大津バイパスくぐって小関越。しんどい。6時22分ピーク。
121027小関越

 大津側に下る。今日は国道161沿いでは無く、山腹の道を通る。疎水の
出口を抜け、皇子山の競技場を今日は下に見て大津市役所前〜近江神宮を
過ぎ、京阪石山坂本線に沿って北上。
 山腹のアップダウンが続く。
 日吉神社6時46分。ここからアップダウン強まる。
121027日吉神社

 西教寺を通り、住宅地の坂を抜けたら県道47号は車の離合も出来ない
くらいの細道へ。やがて林道になり、突き当たりの飯室不動堂までは
単に山登り。プチクライムの末、7時丁度着。
121027飯室不動堂

 その後も細道を進むと、左手に大きく広い道。入らずに真っ直ぐ細道を
進むが、完全に道を間違えており(^^;湖西道路雄琴ICまで下りてしまう。
上り直し orz。
 奥比叡ドライブウエイの入り口まで上ったら仰木の集落のわかりにくい
左折で再び細道〜田んぼ&造成地を抜けるアップダウン。
 山に入ってしまったら京都市街に戻るまでコンビニなど無いので、一度
国道477に出る事にして右折。
 田んぼ道を抜けたら近道そうだったので、そちらへ。
 未舗装(^^;。勢いで突っ切って国道477に出て、大津伊香立ローソンに
7時27分。チオビタとクリームパン投下。
 携帯でWebチェックしようと思ったが、投稿がエラー続発で、結局
つぶやけず。
 坂本〜仰木〜伊香立の山腹アップダウンで、もうこてんぱんになり、
しばらく惚ける。

 7時54分リスタート。無理せずこつこつ上る。
 途中口まで来たら、集落を今日は右折。国道367(いわゆる鯖街道)に
合流。上りの4連ヘアピンをこつこつこなす。
 真っ直ぐ行けば花折トンネル。右手に旧道の上り口がある。
121027花折旧道入り口

自然歩道的な位置づけらしく、チェーンで閉門している。抱え上げて
暴れ込み、強行登坂(笑)。
 季節柄なのか何なのか、落ち葉、枯れ枝が多い。道は普通の林道然と
した道。舗装も案外しっかりしている。水を流す為か、ゴムの板が
いくつも道を横切っている。幸い柔らかいのでゆっくり越すなら問題の
無いレベル。勾配は5〜10%超の緩急。15%前後の厳しい部分も。
 気がつけば国道が眼下に。かなり高度を上げている。
121027花折旧道から国道367を見下ろす

 花折峠に8時32分。切り通しに石碑。
http://yahoo.jp/tZyYJw ルートラボ
121027花折峠

 ここからしばらくは下り基調。ウインドブレーカー着て下る。とたんに
路面の惨状(^^;。
121027花折旧道葛川側の路面
上る様な速度で慎重に下る。山歩きの人と数名すれ違う。
それなりに整備されている理由の一つかな。
 めでたく(?)トンネルを回避して国道367に再合流。トンネルを突っ
切るか、旧道を上るかは、もう好きずきで良いと思うがww。儂的には
トンネル行くくらいなら、山遊びした方がマシかな、と。多少荒れた
林道でも気にならない人なら、良いかもしれん。

 花折峠を越えると、伊香立途中から葛川に入る。久多方面に別れるまで
葛川側にトンネルは3つ。これらは旧道で全て回避出来る。
121027葛川側のトンネルは旧道で回避

 トンネル回避の旧道が終わり、谷あいののんびりした葛川の集落を
横目に367をひた走る。比良山のアクセス地の一つらしく、山行の人が
黒山。

 走ってたら脚が攣った。

 まず左足腿内側。最初は完全に動かなくなり、左クリート外して
右だけで片足ペダリング。とっても汚いペダリングで、大変嫌になる(^^;
 少し収まったので、下り基調にも関わらずインナーに落として、軽く
回しながら回復を待つ。
 県道783分岐に9時2分。休憩して少しストレッチ&塩サプリ投入。
 携帯Webは相変わらず不調。
121027国道367から久多へ入る


 国道367を県道783に左折。10%前後の厳しい上りを交えて、渓谷の
道を進む。
121027久多へ向かう道中の景観

 しばらく進み、大津市葛川から左京区久多へ。県道783も京都府道110号
となる。上り切ったら「今坂峠」なるプチ峠。
121027久多のプチ峠

 それを越したらいよいよ久多の集落へ。
 一部では「限界集落」とも評される久多だが、里山や田舎ばかり走り
回っている者の印象としては、普通の田舎だった。
 ただ、左京区でありながら、京都へのアクセスは非常に悪く、葛川〜
堅田方面、つまり滋賀の方がアクセスが良い印象がある。現に葛川側では
自家用車がばんばん走っていたが、反対の能見峠〜広河原方面では、
車らしい車には全く出会わなかったから。
 あと、確かにお年寄りの姿が目立つ。

 のどかな集落や、渓流の横を進む。細い道にブラインドコーナーが
多く、神経を使う。
121027久多の清流

 分岐の看板を、表示の方向に進み、広河原、花背方面に向かう
121027能見峠へ
が、その為には一山越えねばならない。 

 程なく林道に突入。前半は7,8%を中心に、時折10%超が何度も現れる
厳しい上りだが、こつこつ刻めば問題の無い登坂。道も多少荒れているが
そう極端にひどくも無く、なかなか好ましい上りだが、攣った脚をだまし
つつ上っているので、つらい登坂となった。後半は7%前後で勾配が
安定した印象。
 クマの冬眠前のシーズンと言う事もあり、流石に持参のホイッスルを
使う事は無かったが、自転車のベルを要所で鳴らしつつ、時には声を
出しながら上った。
 9時53分、能見峠ピーク。
http://yahoo.jp/CFXKt1 ルートラボ
 西に下りれば広河原能見町、東に戻れば久多宮ノ町である。
121027能見峠
121027能見峠(久多峠)

 久多側から見て、広河原能見方面に行く場合が「能見峠」。反対に
能見側から久多に向かう場合は「久多峠」という、らしい。

 広河原方面に下りる。どちらかというと広葉樹が目立った久多側と
打って変わって、能見側には見事な杉木立が続く。
121027広河原能見町の杉木立
 林業関係の作業スペースも目立ち、地場産業としての林業が
目立つポジションにある様な印象。

 府道38号に合流。花背方面に下る。ここで又しても脚の攣り。
動かない、と言うレベルではないが、今回は両足。下り基調ながら
アウターに入れられない。力を抜いてほわほわ回そうとするが、
回す脚がそもそも痛くて回らない(^^;。
 下りなのに、23km/h前後でゆっくり進む。おまけに強い向かい風。

 やっとの思いで大布施まで下って、鞍馬方面に向かって登坂。
http://hillclimb-west.seesaa.net/article/126345578.html

 3%程のだらだら坂をまるで激坂みたいに一足づつ刻む。勾配の強まる
ところはハンドルにへばりつき、ダンシング無しでこなす。
 木立に入り、脚に極力負荷をかけない様に一歩づつゆっくり上る。
ゆっくり上らないとわかんない旧道別れを発見。
121027花背旧道別れ

 ふと、思い出した。先週の片付けついでに、サドルを約5mm下げ、
10mm程後ろにずらした。
 もしかして、これかい(^^;。

 ゆっくりゆっくり刻んで11時16分、花背峠ピーク。
121027花背峠

 早速サドルのポジションを、前に戻してしまう。
 作業していたらスリックMTBの人が鞍馬側から上って来られた。少し
お話。京北方面に行くと言う。
 話が弾んでいたら、LOOK乗りのマイミクさんが上って来られた。
有志企画があったのは知っていたが、もう既に美山方面に行ってしまって
いたと思っていた。やはりお友達が多いと休憩も長くなるらしい。
 マイミクさん達が続々集結。皆さん京見、持越、江文に加え、大原から
前ケ畑を上り、百井を下りる、という、私なんぞより遥かに過酷な行程を
こなして来ている。
 LOOK乗りの方はここで引き返すそうで、一緒に下る事に。他の皆さんは
さらに佐々里、深見、神吉、神明、裏六丁と回られるらしい。想像も
つかない行程である。安全を祈念し、辞す。

 一緒に下るマイミクさんは、レースもこなされるだけあって、下りも
速い。私は相変わらずゆっくりと下る。間が少しづつ空いて来る。

 と、フロントに違和感。パンク。

 ある程度スピードも出ている下りで、しかもやったのがフロント。
心底焦ったが、まだヘアピン区間(百井別れの手前)だったので、
何とかヘアピンの底に軟着陸(^^;。
 大声を出しては見たもののマイミクさんには届かなかった模様。携帯は
当然の様に圏外(^^;。緊急で伝える手段は尽き果てたので、迷わず
さっさと処置にかかる。
 速攻で穴位置判明。大穴(爆)。
 裂けるまではいっていないものの、これではチューブ換えても、穴から
むにゅと出て、即座に「ぱーん」だ。どうしよう...。
 結局、裏にビニテ6重貼り。表は瞬間接着剤をたらして処置。エアは
最低限走れる程度で。
 脱着自体はレバー無しでちゃっちゃと終了。穴処置に少し手間取る。

 タイヤに無理も出来ないが、とにかく激下る。段差、穴ぼこは、いつも
以上に慎重に避けつつ下る。
 12時10分。鞍馬まで下りて、マイミクさんにTEL。繋がらなかった
ので留守電入れ、念のためmixiの書き込みにもコメント入れておく。
 帰路へ。

 鞍馬街道を下って、市原バイパスを上る。
 気がつけば、アウターで上っていた。疲れはあるものの、ひどい攣りや
痛みは無い。

 やはりポジションだった模様。
 半日分、ごっそり損をした気分に orz。

 シクロ橋〜船岡東通〜今宮通〜千本〜北、西大路〜きぬかけの道の
アップダウンも殆どアウターでこなす。嵐山は紅葉も無いのに紅葉祭り。
無法地帯なので慎重に。時節柄観光ポタも多いのか、中ノ島に乗り入れる
ローディーも多い。13時10分嵐山。少しへたる。
http://yahoo.jp/zV4Xjw ルートラボ

 嵐山から自転車道。流石に疲労とダメージは残っており、辛い。
しかも広河原から花背を越え、ここまでずっと向かい風(T_T)。インナー
ミドルでそこそこ回しても23km/h〜26km/h近辺。
 
 とにかく早く帰りたかったので御幸橋スルー。オーラスは御幸橋〜旧国
中之芝の信号まで最後はアウターミドルで思いっきり回し40km/h巡航。
 早く家に帰りたい。
 京街道に下りる頃には廃人で和了。
 14時30分帰宅。

走行時間7時間8分。行程154.53km。平均21.7km/h。最高速49.5km/h。
獲得標高約2000m弱。
 改めてポジションの奥深さ、恐ろしさを思い知る。

●帰宅。身の回り片付けてから温シャワーで体を戻す。
 洗濯物入れて布団セッティング、洗い物、洗濯。体が重く、なかなか
終わらない。

●やっと画像吸い出し、ルートラボ訂正、テキスト打ち。洗濯物干し。

●17時半頃、実家へ。
 残りのキムチを片付けるために飯二杯目。さらに果物が山の様に出るが
食いきれず。
 皆で帰宅。

●儂風呂〜嫁はん作業、娘テレビ見てから母娘風呂〜洗濯機回して、
洗濯待ちにちとネット。テキスト打ち。
 母娘例によってYouTubeでくるねこ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます!
昨日は会えて嬉しかったですよ!

あの後 そんなに大変なパンクになっていたとわ。。

お疲れ様どした!

Re: お疲れはそっちwww

あっちゃん江

おはよう&おつかれさんでした。

私には考えようも無い過酷な行程、お疲れさまでした。
流石日々精進を重ねてらっしゃる人達はひと味違いますな。

どうも最近かなりパンクづいているようで(泣笑)。
タイヤの脱着だけはあまり苦にならなくなっているのかな?
えーと(^^;

重ね重ね、お疲れさまでした。
プロフィール

ばば旦那

Author:ばば旦那
自転車。ギター。パンダ。メタル。プログレ。
まあ、いろいろ。

強くなりたいとか、速くなりたいとか、追い込むとか、出しきるとか、悔しいとか、情けないとか、そういうのはあんまりない、ただただ楽に、遠くへ行けたらいいなと試行錯誤する自転車中心の週末日記です。

グランフォンド京都参加(2011/フル)
伊吹山ヒルクライム参加(2012/12キロ開催)
四国遠征:阿讃ライド(2014/GW)
六甲遠征:六甲・摩耶縦走(2014秋)
フルビワイチ:8の字/唐橋(2015.6)
しまなみライド:松山~尾道~松山(2015.9)
自走フルビワイチ:8の字/唐橋(2016.6)
-----------------------------
Twitterは、baba_dannaでログインしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR