けふのにき170610

●金曜日。何とか定時で上がれた!長居は無用で速攻帰宅。

●弁当箱と流しの洗い物。洗濯物取り込んで着替えて作業着交換。着替える間録画済みハンマークライムをだらだらチェック。平行してCOLNAGOにエア入れる。前6ジャストくらい。後ろ6強。
 トップで少し買い物、洗濯機、食洗機回して実家へ。

●実家で夕食をいただく。娘とおばあさん@うちの母はまだお習字から帰らない。自分で用意して先に喰う。しっかり食って、おじいさん@うちの父に、娘の荷物を託して帰宅。

●洗濯物干して、シャワーして通勤と職場の作業帽子を手洗い。
 ちとネットもそこそこに、
 もう、とっとと寝る~。






●2時半、スマホのアラームで起きる。今日はすぱっと起きる。訳も分からず起きる。割と、寝付きは良かった。
 心拍センサーつけてインナー着て、キッチン立ち食いで安売りおにぎり(おかか*2、たらこ)、ヨーグルト、バナナ、野菜ジュース。

 パールイズミのメッシュインナーに伊吹山参加賞アームカバー、rh+夏ジャージ。
 下はパールイズミコールドブラックパンツにソックスはパールイズミ冬ソックス。頭はラファのトリコロールキャップ。グローブは新調したCRAFTの指切り初出馬。
 ジャージの上から念のためモンベルのウインドバイカー羽織る。

  歯磨きして着替えたら早速出掛ける。


●結局3時過ぎスタート。2時台のスタートならず。
 男山指月~御幸橋~旧国を納所から千本に入り、自転車道を横目に北上。
 千本赤池で右折。府道202号~竹田街道~龍大前~師団街道~川端通と進む。出町柳4時10分。川端通に入る頃には、東の空も白んできた。
 下鴨西通~北大路から鞍馬街道。上賀茂25%は、回避もめんどくさくて(^^;34*32で、ゆっくりじっくりこなす。まあそれでもキツいもんはキツい。
 静市市原ローソン4時32分。トイレして、練乳サンドとビタミン系ジェル、パックカフェオレ。
 もう周囲は十分に明るい。早くも鞍馬方面に向かう自転車乗りの姿も。
170610もう十分明るい
 
 15分程で早々にリスタート。鞍馬街道を北へ。鞍馬寺で息を整え登坂開始。
170610鞍馬寺から本格登坂開始

 久々の花背峠へ。
花背峠>関西ヒルクライムTT峠資料室

 先も長いので、回せる範囲で回しながら無理せず刻む。しばらく34*25で刻んで、2連ヘアピンまでの厳しい区間で28~32で出し入れ。百井別れの手前くらいからはリア32固定で回復に務める。

  百井別れから先はほんの少し勾配が緩む。リア32でも、回ればそれなりに進む。
 そのままこつこつ刻んで花背峠ピーク5時36分。
170610久しぶりの花背峠

 温度表示16度。鞍馬の登り出しが12度。いつも不思議なんだが、ピークのほうが気温が高い。
 朝のうちは、冷気が低く溜まっているのか。
 花背側は、さぞかし寒かろうな(^_^;。

 ここまで、前こそ開けているが、ウインドブレーカー着っぱなし。前だけしっかり閉めて花背側に下る。

 花背の集落に下りる。花背側に下りるのは久しぶり。
170610花背側に下っていく

 花背を越えるのは、恐らく去年の中断前、最後に南丹を回ったのが最後だったような気がする。

 一度、Cinelliでも上らなきゃな>花背。

 舗装を敷き直した部分もあるけれど、相変わらずボコボコの区間も多く残る(・ω・)。それでも、ずいぶんとマシになった。

 大布施手前の温度表示は10度(^_^;。
170610寒い
 寒い。出る時にウインドバイカーかジレかで迷ったんだよな。長袖にしといてよかった。

 大布施のT字に5時55分。T字を右折。八桝小あたりからインナーに入れてリアを広く使って対応。美山方面への上り基調をこつこつこなして、能見口分岐6時12分。
170610能見口を久多方面へ

 右折して久多方面へ。能見口分岐からしばらくは緩い上り基調。
 杉の木立は、相変わらず見事。
170610相変わらず見事な杉並木

 終盤に急に勾配が強くなる。おまけに以前来たときよりも道ががったがたに荒れてる(´Д`)
 10%前後の上りのまま、突き当たりのヘアピンを上り返すと激区間。最大約18%程。
 引き続き嫌がらせのように続く10%クラスの勾配を我慢して刻み、久多峠(能見峠)ピーク。6時41分。
久多峠(能見峠)>ルートラボ
 能見側から、久多に向かうから、久多峠。
170610久多峠ピーク

 バックパックに、安売りミニどら焼きをラップで小分けしてどっさり詰め込んできた。
 最近はこれですわ。
170610どら焼きの補給

 久多の集落に下り、東進。
170610久多の集落に下りてきた

 今坂プチ峠を越えて、府県境の手前のT字を左に入れば即朽木。
170610左に折れればすぐに朽木。今日は直進

 ただね、帰り、日が高くなってからの鯖街道は嫌だな、と。
 かと言って、同じ道往復もいまいち好きじゃない。

 そのまま直進して道は京都府から滋賀県へ。
170610京都から滋賀へ

 安曇川まで下って、梅ノ木に出る。国道367号、鯖街道に合流。

 国道合流の後は、ひたすら安曇川を下り、葛川から朽木に入って朽木市場まで。
 基本下り基調なんだが、微妙な上りも含むアップダウンで(^^;上り返しの後、平坦かと思ったら、さらに緩く上っていたり、と快走路をイメージするとけっこう堪える。
 脚がフレッシュならそのままアウターで踏み切っても十分なんだろうけれど、念のためインナーでじっくり刻みつつ対応。

 道はやがて大津市葛川から高島市に入る。ここから朽木。
170610大津から高島へ

 朽木に入ったとたん、沿道に鯖寿司屋がうじゃうじゃ湧いて出る。当然、まだどこも開いちゃいない(^^;。
 7時30分朽木市場へ。道の駅くつき新本陣でトイレして、向かいの朽木市場ローソンに移動。ビタミンウォーターと梅おにぎりを補給。一部ボトルの空いた所にビタミンウォーターを足してブレンド。

 7時48分リスタート。山神橋を道なりに左へ進み、少ししっかり上ったら、道路標示の「能家」に沿って左折して国道離脱。
170610鯖街道を離れ能家方面へ

 しばらく進み、T字路を道なりに真っ直ぐ。ここから滋賀県道781号に入る。
 大好きな道なのさ。 
170610県道781号で朽木の深部をめぐる

 朽木麻生を起点に、地子原、雲洞谷と、北川の流れに沿って基本上り基調のアップダウンを進む。インナー固定でリアを出し入れ。17~25km/h程度で、のんびり刻む。ウインドブレーカーも脱いでしまった。
170610北川に沿って遡っていく

 雲洞谷は、「うとだに」って読むのね。勉強になる。
170610雲洞谷(うとだに)

 延々と北川の沢に沿って進んで行くと、対する尾根の一番先は回り込む様なヘアピンになっていて、道は尾根の反対側に入って行く。
170610長い尾根の先のヘアピンを回り込む

 尾根を回り込んでさらに進み、雲洞谷から能家に入る。 
170610北川をさらに遡っていく

170610能家の集落に入る

 集落を抜けると徐々に勾配が強くなって来る。とはいえ、せいぜい5%程の緩急。北川の流れは川幅がますます細くなり、もはや源流の雰囲気。
170610北川も源流の雰囲気

 緩い上りを、さらにしばらく進むと、突如勾配が上がり10%クラス固定の強い坂となる。そんなに長い上りではないが、以前の印象に比べて、なかなか終わらない(^_^;。思えば、南丹の井戸峠(常照皇寺側)に似てる。
 数百mこつこつ刻んで小入谷峠へ。9時3分、
170610小入谷峠を越える

 峠の向こう、数百mぐねぐねと激下りで突き当たって交差点に出る。
170610下った先のT字を右に折れてみる

 以前は無かった「おにゅう峠」の看板が新設されていた。

 今回は全く予定に入れていなかったし、考えてもいなかったし、立ち寄るとなるとタイムテーブル狂うし、おにゅう峠ゆうたら、どっちかというとオフロードのモーターバイクってイメージがあったので、どうしようかなーと、しばし考える。

 結局行くんかいっ(^_^;。
170610林道小入谷線

 まあ、そんなに頻繁に来ることもないし、もしかしたら機会損失となるかもしれないので。

 集落の平坦から、上り基調の緩勾配を進み、少しづつ勾配が上がっていく。やがて10%前後の厳しい上りに。
170610長く厳しい上りが続く

 これがまた、終わらんのだ、これが(^_^;。
170610延々続く上り

 当初は、未舗装になったら引き返そうと思っていたが、比較的きれいな舗装路が続き、引くに引けず(^^;。
 それでも細かい尖った山の石が落ちて散らばり、パンクリスクは大(´Д`)正直あまり快適でもない。印象としては美山~名田庄の五波峠と、しまなみ大三島の鷲ヶ頭山を混ぜたような感じ。
 ただ、どちらももっと短いし、緩い。

 結局最後まで舗装路は続き(続いてしまい)、9時43分、おにゅう峠ピーク。
170610おにゅう峠はもう福井県境

 この先は福井県小浜市。
 福井側は、一転ベタの未舗装。
170610福井側は一転未舗装

 小浜側の眺望。絶景。
170610おにゅう峠から小浜側を望む

 遠くに海が霞む。
170610遠くに霞む海

 とりあえずどら焼き2つとジェルを腹に詰め込み、その間にガーミンを充電できるだけ充電しておく。
170610元来た朽木側を望みつつ休憩

 15分程でリスタート。路面に散らばった山の石が、ほぼ撒き菱状態(´Д`)
170610落石の散らばる路面を下っていく
 下りは流石に酷い区間は担ぎ入れて歩く。

 やっと元来た道を下りきり、今度は針畑川に沿って下り基調を久多まで延々と南下する。
170610針畑川に沿って下り基調を南下

 小入谷峠を小さな分水嶺として、北川は下流で麻生川と合流し朽木市場付近で、針畑川は久多川と合流して葛川梅ノ木で、何れも安曇川に注ぐ。
 同じ水系の川なのだが、同じ山から出て、川のルートは様々。県道781号でその全てを巡っていく事ができる。
170610針畑川の川沿いを進む
 
 小入谷、中牧、古屋、桑原、平良、小川と下っていく(総称して針畑と言う事もあるらしい)途中、桑原で観光トイレを発見。これは助かる。
170610山歩きの人のためのトイレ
 そもそもは、山歩きの人のためのトイレらしいが。

 朽木小川を過ぎたら、京都滋賀の府県境。ここから先は京都市左京区。久多に入る。
 滋賀の看板に比べ、相変わらず貧相である(´△`)
170610朽木から再び京都へ。久多に入る

 府県境の朽木側には地元渓流魚養殖施設のルアー釣り場が。相変わらずアングラーでいっぱい。
170610県境のルアー釣り堀はアングラーでいっぱい

  突き当たった先は府道110号。朝に直進したT字に帰って来た。
170610久多のT字分岐に戻ってきた
 ここで朽木麻生からの山里ライドは終了。
朽木麻生~能家~小入谷峠~針畑~小川~久多川合町>ルートラボ

 さて、右折して朝来た道を戻り久多の集落へ。おにゅう峠で出がらしの脚は今坂プチ峠の上りも辛い。

 久多の先、集落を抜けたらしばらく7~10%強。最大15%程の強い勾配でがっつり。
170610能見峠への厳しい上り

 リア32で刻みつつ、25でダンシングいれつつ、ごまかしごまかし11時27分能見(久多)峠ピーク。
170610能見峠ピーク
 久多側から能見に向かうから、能見峠。
能見峠(久多側)>ルートラボ

 疲れて一旦へたり込む。
170610疲れてへたり込む
 向かい風が冷たい。ウインドブレーカー着る。

 なんとか息を整え、広河原側へ下りる。荒れた激下りで、怖い。
 悪路の下り区間を抜け、杉並木を楽しむ余裕もなく、集中を切らさないように進む。

 府道38号広河原美山線に合流。花背方面に南下。少し疲れてマズイな、と感じたので、交流の森に立ち寄り、奥の翠峰荘に行って昼食。本格的に休みを入れる。おにぎり付きのざるそばセット。
170610花背交流の森で昼食
 ガーミンの充電もしておく。

 30分程でリスタート。一時的とはいえ、かなり体は楽になった。
 翠峰荘はサイクルハンガー完備。他にもルイガノの小径車、キャノンデール、スペシャ、ジオスの人が休憩中。ルイガノの人は若い欧米系の外人さんだった。
170610サイクルハンガー完備

 さらに南下して大布施の交差点を左折。
 最後に裏花背を上る。
裏花背>関西ヒルクライムTT峠資料室
 とりあえず今日は、ここを上らないと帰れない。
170610裏花背へ最後の登坂

 先のことは兎も角、さっきの休憩で、この上り一発は、なんとかなりそうだ。
170610裏花背の上り

 13時18分、花背峠ピーク。
170610花背峠ピーク

 ここからは強い勾配や荒れた路面。本当にゆっくり慎重に下りる。
170610花背峠から鞍馬側に下っていく

 おうちに帰るまでが、遠足。

 山歩きの人が、鞍馬方面に向かってどんどん下っていく。慎重にパスしながら進む。
 下りてきた人は、温泉に行ったり、バス停に行ったり、叡電に行ったり、さらに先へ歩いて行ったり。山歩きイベントの流れ解散かもしれんね。

 鞍馬まで下り、右折して市原バイパス~京産グラウンド~シクロ橋~いつもはMKの向こうで橋を西賀茂に渡るのだが、街乗りに耐えられるほど集中力を持続する自信がもはや無いので、でも輪行セットも持ってきていないので、ここは賀茂川の河川敷に下りて車道を回避。ゆっくり進む事にする。
170610車道を避けて賀茂川の河川敷の降りる

 河川敷の未舗装の遊歩道を、歩行者と浮き砂に注意してゆっくり進む。
170610河川敷の未舗装路をゆっくり進む

 出町柳で一旦高野川を渡り、今度は鴨川べりに下りてさらに下流へ。何度か右岸左岸を切り替えながら京川橋まで出てきた。ここからは桂川の自転車道に合流。

 50*19固定でこつこつ回す。よく考えたら広河原から先、ずっと向かい風だった (´△`)。
 確かに疲れてるのもあるけれど、巡航も伸びんはずだわ。さらにそれで余計消耗してた可能性大。

 はやく気がつけよ。

 さらに、猫目のサイコンのタイム表示が突然リセットされ、アベレージ表示もエラーで表示されず。

 もう疲れてるんで、何が何やら(´Д`)

 早く家に帰りたいTTで結局廃人。オーラスは御幸橋南詰~淀川CR~中之芝2丁目信号から旧国~町楠葉の京街道に下りて和了。 

花背、久多、朽木ループ>ルートラボ

 15時25分頃帰宅。

(サイコン読み/ドアtoドア)
走行時間、平均速度は機器エラーのため未計測 行程206.72km 最高速度50.7km/h。

(ガーミン読み/本格走行時)
走行時間10時間5分 平均速度20.5km/h 行程206.30km 最高速度50.5km/h。
獲得標高2755m(ルートラボ表示2553m)
心拍平均133/最高171bpm
ケイデンス平均72/最高156rpm


 気がつけば200キロ超え。
 バテたなあ。
 全て、おにゅう峠のせいだなあ(´△`)。あれで、全てのリズムが狂ったかと。

 まあ、行って良かったけどね。フレッシュな脚なら、けっこう楽しい峠かもしれんなあ。
 でも散らばった落石は、勘弁だな(^_^;。

 

●帰宅。取り急ぎプロテインで、どら焼き流し込む。
 軽く片付けしたら、シャワーして洗濯機回し、ガーミンをミニノートに突っ込んでガーミンコネクトにアップロード~連携先のSTRAVAから書き出したGPXを編集してルートラボに読み込む。
花背、久多、朽木ループ>STRAVA
 最後の裏花背から先、ぐだぐだになってるのが、よくわかる(´△`)

 画像吸い出してセレクトしてアップロード。テキスト打ちにかかる。

●気がつけば18時半も過ぎ。実家へ

●シチューをいただき、少しウサギと遊んで、娘と帰宅。

●儂シャワー~娘シャワー~洗濯機回してテキスト打ち再開。




 明日は、ゆっくりしよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばば旦那

Author:ばば旦那
自転車。ギター。パンダ。メタル。プログレ。
まあ、いろいろ。

強くなりたいとか、速くなりたいとか、追い込むとか、出しきるとか、悔しいとか、情けないとか、そういうのはあんまりない、ただただ楽に、遠くへ行けたらいいなと試行錯誤する自転車中心の週末日記です。

グランフォンド京都参加(2011/フル)
伊吹山ヒルクライム参加(2012/12キロ開催)
四国遠征:阿讃ライド(2014/GW)
六甲遠征:六甲・摩耶縦走(2014秋)
フルビワイチ:8の字/唐橋(2015.6)
しまなみライド:松山~尾道~松山(2015.9)
自走フルビワイチ:8の字/唐橋(2016.6)
-----------------------------
Twitterは、baba_dannaでログインしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR