fc2ブログ

けふのにき230819

●金曜日。
 台風が北に去ってからも、南から北への風の流れは止まず、日本列島に当たる湿った南風はあちこちで雨雲を湧かせて、ここ数日も今一つすっきりしない天気が続きました。
 さて、明日は。とりあえず、相変わらず暑いです(´Д`)
 何とかこなして定時逐電。

●帰宅。弁当箱洗って作業着替え、洗濯機回してCinelli降ろして用意出来るだけ用意。エアは23Cで前6弱、後ろ6ジャスト。

●実家へ行き、夕食。
 もう娘は習字に出た後で、おばあさん@うちの母もお迎えに出た後。
 儂も食事を済ませておじいさん@うちの父と少し話し、撤収。

●帰宅。洗濯物干してシャワー~ちとネット。
 少し惚けたら、娘の帰りを待って、あとは娘に託し、とっとと寝る~。




●2時、スマホのアラームで起床。
 ざっくり着替えて、パソ部屋持ち込みでスナックサンドハムタマゴ、ホットケーキサンド半分、ペット紅茶花伝。

 雨雲レーダーも、南の方にぽつぽつと小さい雲は見られますが、まあほぼほぼ良好。

 パールイズミのノースリーブメッシュインナー、CRAFT半袖P-Rジャージ、モンベルのアームカバー。
 ラファのコアカーゴビブショーツに、ソックスはミズノ5本指。CRAFT指切りグローブ。頭はラファのフライウエイトキャップ。
 今日もジャージのポケットに身の回りのものを入れ、カーゴビブの背中に塩タブ貼ったジェル、右腿にスマホ。

 歯磨きして着替えたら出発。


●2時半過ぎスタート。
 野田~西山の住宅地をだらだら上って男山指月から八幡側に激下り、東高野街道経由で御幸橋2時51分。既に暑くて汗が滴り落ちます(^_^;)
 旧国を少し走って、納所から千本通に入り、桂川の自転車道を横目に北上。千本通赤池右折で東進。

 ちなみに納所の交差点から左手に見える宮前橋の温度表示は、まだ3時前ですが29度(´△`)
 まあ気温としてはここ最近と変わらない感じですが、湿度が高いのか、今日はかなり不快(-""-;)

 府道202号で1号線、油小路、東高瀬川を渡り、伏見の街を国道24号線まで東進して、桃山最上町から24号線の高架をくぐり、伏見街道を墨染~直違橋通~本町通と北上していきます。

 五条通/国道1号線を渡り、恵比寿神社の手前、摩利支天のところを右に折れて建仁寺の南側を抜け、東大路左折北上で祇園~右折して知恩院~神宮道を鳥居の手前まで進んで右へ。
 仁王門通りを東へ進み、南禅寺前からそのまま南禅寺の方に入って、東山高校から鹿ヶ谷通り。北に向かっての軽い上り基調をくるくる回して銀閣寺前の観光トイレに3時47分。
 トイレして塩タブかじってジェルすすります。多分次のトイレは米プラザなので行けるときに行っときます。
 230819銀閣寺前の観光トイレ

 3分ほどでリスタート。白川通に入って真っすぐ北上。北山通で左に入り、叡電修学院駅に3時58分。
 230819叡電修学院駅

 裏道から高野川沿いの道に出て花園橋まで進み、横断歩道押し歩いて右折。国道367号を北東方向へ。
 まだ4時過ぎ。夜明けまでには40分以上あります。

 八瀬を経由して、トンネル回避し、旧道に逃げつつ、国道は極力回避。大原に入っても裏道の旧道を進み、古知平で一旦国道に合流して、小出石でまたしつこく旧道へ。幹線道路嫌い(^_^;)

 小出石から先は、鯖街道国道367号と、百井、前ヶ畑から下りてきた酷道477号との共用区間。
 もう逃げ場も無く、まだ4時半過ぎですが後方からはそれなりに車は迫ってきます。道路の左側端にべた付けして都度やり過ごし。しかも今週の台風の影響か、路肩にはゴミが多くてきっとパンクリスクも大(・ω・)
 
 雰囲気は竹内峠の太子町側に似ていますが、こちらのほうが勾配はかなり緩め。
 途中峠(大原側)>RIDE with GPS

 4時42分、まだ真っ暗な途中越ピーク。ここから先は滋賀県。
 230819まだ暗い途中越ピーク

 ピークのすぐ向こうから左のわき道に入り、途中の集落から国道477号を琵琶湖に向かって激下る快走路、スピードを抑えめに慎重に進みますが、こんな時間からダンプが(^^;。

 北部クリーンセンターの分岐を左に入って滋賀県道311号途中志賀線で和邇まで下ります。
 この辺りで、ほぼほぼ夜明け。
 230819国道422から分岐を和邇に下る

 下り基調の軽いアップダウン。交通量も477と比べたら格段に少なく、ほっと一息。
 それでも気を抜かず、注意深く下っていきます。
 230819和邇への快適な下り基調

 榎のラウンドアバウトに4時59分。
 230819和邇の榎ラウンドアバウト

 まあ、ラウンドアバウトと言うよりは、昔たまたま御神木の榎がここに立っていた的な何かなので(^_^;)地元の車は特に気にも留めずフリーダムに通過していく印象。
 ある程度ルール付けしておかないと危ないのではないかとは昔から思ってる事(・ω・)
 和邇学区 チョット史跡めぐり(パート2):わにまちづくり協議会

 榎碑を右折して小野~真野5丁目で滋賀県道558号高島大津線(三桁県道とは言え実際はえぐい幹線道路(-""-;))を渡り、琵琶湖大橋病院から真野川沿いに河口まで下って集落を抜け、5時13分、道の駅びわ湖大橋米プラザ。

 今はもう、ビワイチのデポ地に使ったらいかんのですねえ>米プラザ
 230819道の駅駐車場はビワイチ使用不可

 トイレして、自販機で翼など授かり、裏手の湖岸見ながら、しばし惚けます。
 230819米プラザから琵琶湖大橋を望む

 とは言え、ここから先、あまり考えて出て来なかったんですよね(^_^;)

 さて、どうしたものか。
 230819琵琶湖大橋を見ながらひと休み

 15分ほど惚けてリスタート。あまり帰路のイメージも湧かぬまま、とりあえず琵琶湖大橋を渡ります。
 陽も昇ってきました。
 230819琵琶湖大橋から見る朝日

 守山側に渡ったは渡ったのですけれど、いつも通り東詰の手前を右に折れ、湖岸道路沿いの自転車道に合流し、帰路へつくつもりが、ついつい何となく左に入ってピエリ守山の方へ(^_^;)

 とりあえずビワイチ像の先のBIWAKOモニュメントにでんついて戻ります。
 230819BIWAKOモニュメント

 湖岸道路沿いの自転車道を少し北上し、野洲川河口から左岸に沿って遡上。
 230819琵琶湖湖岸から野洲川左岸へ

 しかし最近全然来ていなかったので、堤防上と河川敷、どっちを通っていいのかわからず(´△`) 記憶を頼りに適当に切り替えて走りますが、各所でいやこれちがう状態が続発。
 230819野洲川左岸の河川敷 230819野洲川左岸の堤防上

 どっちでもいいので(出来れば安全快適な河川敷ルートを整備希望)、せっかくビワイチ寄り道ルートを主張するのであれば、せめてスタンダードなルートへの通行順路表示は欲しいなあ、と。

 まあ何とか大過なく、野洲川大橋で国道8号線を渡って野洲川に別れを告げます。
 230819野洲川大橋で国道8号線を渡る

 しばらく南寄りに進み、国道1号線を渡って、細道を南下。JR草津線を渡り、突き当りの旧東海道に合流。
 230819草津線を渡って旧東海道へ 230819旧東海道を西へ

 区間によっては旧街道の風情の残る部分もありますが、大概は普通の住宅地なので、むしろ痕跡を探すという感じ。
 そして旧街道特有の、微妙に曲がった細い道は、案外見通しが悪く、対向車の存在を常に意識するのが吉。
 230819栗東から草津方面へ

 慣れないうちは案外戸惑う、坊袋のT字。
 230819坊袋のT字路

 道は栗東から草津へ。
 草津川跡地公園から草津宿本陣跡。
 230819草津のde愛ひろば 230819草津宿本陣

 いつもは草津~栗東~甲賀と北寄りに通る旧東海道を、今日は南寄りに大津方面に進み、月輪~一里山で旧東海道離脱。アルプラザ~大萱~イオン草津~近江大橋を大津方面へ。

 今日は早く帰りたいを選択。遊歩道はスルーで、信号のタイミングで湖岸道路合流。脇ぎりぎりをばんばん走り抜ける大型の商用車に神経をすり減らしながら我慢の走行( ノД`)…
 打出浜で左に入って湖岸道路を逃げるように離脱。県庁前の道を西へ。
 230819滋賀県庁の前の通りを西へ

 県庁~JR大津駅前と、大津市街を西に抜け、京津線を渡り、大津赤十字病院の先から山の方へ。
 だらだら上って大津側から小関越。
 小関越(滋賀側)>関西ヒルクライムTT峠資料室
 小関越(大津側)>RIDE with GPS

 ここに来て左右両内腿が代わる代わる攣って(´Д`) 何とかしのいで7時16分ピーク。
 230819今日も小関越で大津から山科へ

 帰ろ。

 ピークから西側に下ります。
 藤尾、小金塚から山科方面に下りていきますが、山科駅前市街地の状況が今一つ読めず、四ノ宮から三条通に出て外環三条の先を左へ。取り急ぎ、既にボトルが空になってしまっていたので(´△`) 道すがら自販機で調達します。
 今日もチェリオの壱百圓ボトルに救われた感。
 230819山科の道すがらの自販機で水を調達

 ボトルに水を詰めてリスタート。国道東野で1号線を渡り、椥辻の交差点までずどーんと下って、信号を押し歩いて無難に新十条西進~山科川沿いに入り、やっと一息。山科川の自歩道を六地蔵まで、ゆっくりのんびり下ります。
 区間によっては中途半端に寸断され、ランや散歩の人も多くて、あまり自転車が快適に走れる道ではありませんが、木陰の多い道を安全に進めるのはそれだけでも価値があります。
 230819山科川沿いの木陰の道を進む

 MOMOテラスの先で外環を渡って突き当りを西へ。
 230819六地蔵の交差点で一旦外環を横断
 六地蔵~旧道から桃山南口に出て外環合流。やはり車多くて難儀(´△`) 北側から桃山陵プチクライム~観月橋手前から外環合流の方が良かったなあ、と。

 とにかく我慢の走行で何とか観月橋へ。交差点手前の月見館に入る細い脇道に折れて京阪をくぐり、宇治川堤防へ。
 230819観月橋で宇治川堤防へ
 観月橋から大手筋への軽車両通禁の高架を横目に、宇治川右岸を下流へ進みます。

 一部未舗装路区間あり、基本よく締まった土の細道を進みますが、終盤の砂利道は28Cが欲しかったなあ(^_^;)。
 230819宇治川河川敷のグラベル区間

 三栖閘門に8時6分。
 230819三栖閘門

 伏見港と宇治川を繋ぐ、かつての水運の要衝。
 月桂冠 ホームページ/京都・伏見を訪ねる
 
 この先、新高瀬川の細い橋が老朽化で使えなくなってしまったので(´△`) 一旦北に遡って新高瀬川を渡り、堤防に沿って改めて南下。
 230819新高瀬川沿いに京阪を渡って宇治川へ

 国道1号線宇治川大橋を渡って1号線をくぐり、久御山の農道を西へ。巨椋池・久御山排水機場から再び堤防に上がります。

 淀大橋~京阪の踏切を渡り、8時29分御幸橋。オーラスは南詰から河川敷、中之芝2丁目信号付近で旧国に上がり横断。町楠葉の京街道に下って和了。


 大原、和邇、琵琶湖大橋、野洲川、旧東海道、近江大橋、小関越>RIDE with GPS


 9時前帰宅。

(サイコン読み/ドアtoドア)
走行時間5時間23分 平均速度23.4km/h 行程126.36km 最高速度56.8km/h

(ガーミン読み/本格走行時)
走行時間5時間14分 平均速度23.8km/h 行程124.60km 最高速度56.4km/h
獲得標高787m(RIDE with GPS表示713m、轍ONLINE表示811m)
心拍平均134/最高179bpm  ケイデンス平均56/最高170rpm(?)


 まあ、琵琶湖大橋までのルートは決めてたんですよ。そこからどうしようか、がほぼノープランで。
 当初は湖岸をそのまま近江大橋まで、ってところなんですけどね、普通は。
 ただ、橋渡ったらついついピエリの方に曲がってしまい、久しぶりの野洲川から、旧東海道から大津へ。
 米プラザ5時過ぎだったので、時間的にまだ行けるかと思ったんでしょうね。

 今回は流石に金勝山には行かず(´△`)ムシガタカル

 ライド自体はまあそれなり。記憶違い、忘れている部分も多かったですが、まあ楽しめる程度にはおぼえてたかな、と。。 


●帰宅。
 軽く片付けしたら、ホットケーキサンドの残りをペット紅茶花伝の残りで流し込み、シャワーしてキャップと心拍センサーのベルトを作業帽と通勤用キャップも一緒に手洗い。洗濯機回して画像吸い出してセレクション。

 9時前帰宅とは言え、やはり最近のタイムテーブルと比べたら時間は押し気味(´△`)朝食も作らねばなりません。
 玉子茹でてベーコン炙り、食パン、ヨーグルト、野菜ジュース用意して娘起こしますが例によって(略

●時間がもったいないので、ガーミンをノートに突っ込んで、ガーミンコネクトにアップロード~連携先のSTRAVAからログをGPXに書き出して、轍で編集。RIDE with GPSに読み込みます。
 大原、和邇、琵琶湖大橋、野洲川、旧東海道、近江大橋、小関越>STRAVA

 流石に100キロ超してくると脚も残らず(^^;、まあそれでも暑さの割には疲労困憊と言う感じでもなく、久々の道も乗れて、今日も楽しい良いライドだったと。


●流石にこのままではお昼ご飯になってしまいますので(^_^;)娘起こしてぎりぎり朝食と言っていいかもしれないくらいの朝食。

●洗濯物干して、テキスト打ち、画像の吸い出しとセレクション、アップロード。

●なんだかんだやってたら14時も過ぎ、お昼には遅い感もありますが、アフタヌーンティーのパスタが食いたいと娘が言うのでモールへ。
 娘はパスタ食って、儂は夕食も近いので飲み物で済ませます。
 食後タワレコミニ~オリンピア~GU~LOFT~リトルソウルと巡って、最後にローソン寄って16時過ぎ帰宅。

●テキスト打ち進めて気がつけば18時半も過ぎ。娘と実家へ。
 夕食をいただき、少しテレビ見て撤収。
 トップ寄って帰宅。

●娘シャワー~儂シャワー~洗濯機回してテキスト打ち続行。





 バイクをCOLNAGOからCinelliにチェンジして以来、ホイールはWH-RS010に23C履かせたままで、何時ものように週末ライド。
 そして今日も乗ってきたわけですが、今日のようなライドでも全く違和感無く、頼りがいのあるホイール>WH-RS010

 慣れてると言えば、そりゃあそうなんですけど、それでもCinelliにはシャマルも履かせますし、COLNAGOの方にはフルクラム兄弟もおります。比較対象が無い訳じゃない。

 個人的には極端に重くもないと思っていますが、まあ確かに軽くは無いです。
 でもね、重い以外、何の問題がある?と>WH-RS010

 そして重いバイクに重いホイール。これがまた相性がいい。

 Cinelli(EXPERIENCE)が、これまた重いエントリーアルミの中でもカッチリしてロスが無くよく進むフレーム、という事もあるとは思うのですが、RS010もそのキャラクターにしっかり応えるだけの剛性があって、柔くて入力が抜ける様な感じが無く、踏んだ分入力がしっかり路面に伝わる感触があります。なので走りも軽い。上りもそれなりに十分こなします。
 そして何より脚に優しい。疲労が少ない。COLNAGOの方のRS80/81にも共通して感じる優しさはシマノ特有のものなのかなあ、と。

 少し前、Cinelliにレーゼロの組み合わせでしばらく履いていたのですが、確かに高剛性でよく進む半面、決して楽じゃない。踏み方を抑えて注意深くマネジメントしないと、まるで鍛えて出直して来いと言わんばかりに脚が搾りつくされ、最後まで残せない感覚があります。
 その辺り、RS010なんかは、意識しなくてもしっかり入力を伝えてくれて、尚且つ脚にも優しい。

 厳しい山ばかり、しかもゆっくり上るのが耐えられないような人や、レースで着を狙おうって人は、敢えて選ばなくてもいいと思います。
 でも自分のような使い方なら、十分、いやそれ以上のポテンシャルのあるホイールです
 少なくとも「鉄下駄」と揶揄される理由は全く無い、そんなホイールですね。
 これからもどんどん使っていきたいと思っています。
 

 明日こそはゆっくりしよう(´△`) (願望)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばば旦那

Author:ばば旦那
【注】2024年3月以降の日記は
https://babadanna.blog.jp/
にてアップロードしております。宜しくお願い致します。

自転車。ギター。パンダ。メタル。プログレ。
まあ、いろいろ。

強くなりたいとか、速くなりたいとか、追い込むとか、出しきるとか、悔しいとか、情けないとか、そういうのはあんまりない、ただただ楽に、遠くへ行けたらいいなと試行錯誤する自転車中心の週末日記です。

グランフォンド京都参加(2011/フル)
伊吹山ヒルクライム参加(2012/12キロ開催)
四国遠征:阿讃ライド(2014/GW)
六甲遠征:六甲・摩耶縦走(2014秋)
フルビワイチ:8の字/唐橋(2015.6)
しまなみライド:松山~尾道~松山(2015.9)
自走フルビワイチ:8の字/唐橋(2016.6)
-----------------------------
Twitterは、baba_dannaでログインしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR