色々あったこと(怒濤の真相)

 前日(8/26)、嫁はんは検診でまだまだですねと言われた。夜もへらへら散歩を敢行&本屋で立ち読み等(^^;。出血を見たのは夜中0時前。その後儂は寝てしまったんですが、すぐ陣痛らしきものが来ていたようで、3時頃目が覚めた頃にはもう痛い痛い、と。
 4時頃になり、5~6分間隔となったため、病院に電話、入院の用意も整え、即直行。土曜の明け方の道はがらがらで40分ほどで病院へ。

 でだ(^^;

 陣痛はあるものの「ちっとも開いていない」との事......。
 結果「今日はありそうにないのでいっぺん帰って様子を見る」事に。

 入院の荷物も抱えて帰宅したのが6時頃。「よく食べてよく動いてください」との事だったが。
 とにかく痛くて痛くて(^_^;。「動けない」し「食べられない」(痛くて身体が起こせない)。とにかく食べられるだけは食べないと消耗する一方なので(^^;。苦しむ嫁の口元にバナナだのヨーグルトだの運べるだけ運んで。
 しかし朝の病院の見解の事もあり「むちゃくちゃ痛いっていうからには普通こんなもんなんだろうか」などと未経験夫婦の判断はにぶるにぶる(^^;。

 でも.....「これって、もしかして車自体に乗れなくなるんじゃなかろうか(うーわー)」。

 焦って病院に電話。「出血がかなりあるみたいですけど」「少し気になりますね。すぐ来られますか?」で再び入院の荷物を抱えて車へ。8時半出発。大山崎で名神に乗り、京都南まで全力でショートカット。地道に降り、土曜とはいえ午前中は流石に仕事車も多く、渋滞にも数カ所つかまる。後部座席では、嫁、のたうちまわる。
 1時間かかって病院へ。駐車場もいっぱいで、少し離れたところに。
 駐車場でへたりこみ、他の通院の人に心配される(そりゃそうだろ)
 玄関前でへたりこみ、掃除のおばちゃんに声をかけられる(そりゃそうだろ)
 エレベーターホール前でへたりこみ、やっと乗り込み、人のいっぱいいる待合前でへたりこむ。ここでやっとスタッフの人に抱えられて分娩室のあるフロアへ。
 数人の助産師さんのサポートを受け、スタンバイしていた車いすにも痛くて乗れず、抱えられるようにして分娩室へ直行。

 で、

 「もう出てきますよー」


 ............「へ?」>わし

 陣痛開始から10時間。5分間隔から7時間。子宮口が閉じた状態から産まれるまで4時間半って、どやねん(よくわかってない)。
 もし決断が鈍って8時半にスタート出来ていなかったら...。
 もし大山崎にインターチェンジが無かったら...。

 着いたのが9時半。で、10時02分に誕生。
 怒濤の大安産...なのか?

 立ち会いましたともさ。臍の緒も切りましたともさ。
 胎盤は巨大なレバーみたいだったし、臍の緒は白色半透明&血管の青で模型みたいにきれいだったっす。

 で、本人さんは「あかちゃん」というだけあって、きれいにまっ赤でしたよ。


 ま、とにかく、結果オーライ(^^;;;。
 母子ともに健康が一番(^^)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばば旦那

Author:ばば旦那
自転車。ギター。パンダ。メタル。プログレ。
まあ、いろいろ。

強くなりたいとか、速くなりたいとか、追い込むとか、出しきるとか、悔しいとか、情けないとか、そういうのはあんまりない、ただただ楽に、遠くへ行けたらいいなと試行錯誤する自転車中心の週末日記です。

グランフォンド京都参加(2011/フル)
伊吹山ヒルクライム参加(2012/12キロ開催)
四国遠征:阿讃ライド(2014/GW)
六甲遠征:六甲・摩耶縦走(2014秋)
フルビワイチ:8の字/唐橋(2015.6)
しまなみライド:松山~尾道~松山(2015.9)
自走フルビワイチ:8の字/唐橋(2016.6)
-----------------------------
Twitterは、baba_dannaでログインしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR